ウェイトレス

調理師を志すなら専門学校の門を叩け|夢に向かって

一流のシェフになりたい

コック

学習の流れ

調理専門学校は、将来料理のプロとなる生徒を育成します。入学後の学習の流れですが、一般的な料理の知識やマナーについて学んだ後は、包丁の研ぎ方から使い方などを身につけます。料理の種類は、日本料理、フランス料理やイタリア料理などの西洋料理、中国料理のほかに、パンやお菓子作りの授業があります。調理実習などの実践的な授業が中心となります。さまざまなコースに分かれており、将来的に洋菓子作りをしたい人、和菓子を専門に作りたい人などで、コースを選択することが可能です。調理専門学校に通うことによって、「調理師免許」などの資格を取得することもできます。授業が進めば、レストランやカフェなどに出かけて料理を作ることもあります。

卒業後の進路

調理専門学校を卒業後の進路ですが、シェフ、パティシエ、板前、和菓子職人、フードコーディネーター、クッキングアドバイザーなどの職業があります。企業に就職して、食品の開発を行うような仕事に就くこともできるでしょう。料理人にならなくても、食に関する仕事に就く場合に、調理専門学校を卒業しているということで十分なアピール材料になるでしょう。勤め先として、ホテルや旅館、カフェやレストラン、日本料理や中華料理の専門店、パン屋、和菓子屋などがあげられます。有名店で修行を積んで、将来は自分のお店を開くことも可能です。海外に留学して、世界的に活躍する人もいます。調理専門学校卒業後には、料理人として活躍するためのさまざまな道が開けています。